「惚れないでよ~」

「俺の着ているこのピッカピカの洋服、どう?」
「似合ってるかい??」
e0145009_238827.jpg

「これから、仕事なんだ。」
「俺も、精一杯生きているんだ。」
「里に、妻子供を残して、単身稼ぎに来てるのさ。っふ。」

「こっち見るなよな・・・。」
「恥ずかしいじゃないか。」


「別に見てないっか。(ガックシ_(. -)/。)」

「ちょいと、そこのお若いの、君だよ。君。」
「ウマいから、ちょいとお食べ!!」
「刺身で、いっぺん食べてみぃまい。」


「・・・って、里に帰れんやない、俺。。゛(/><)/ 」

「でも、やっぱり、ウマスよ。」
[PR]
by Tomoko_y52 | 2008-07-14 23:49 | 日常録
<< ある夏の日の扇談話会 ヒイ、フゥ、ミィ、ヨォ・・・ >>